エステ脱毛と何が違うの?

説明

同じ『脱毛』なのに、エステサロンでする脱毛とクリニックなどの医療機関でする脱毛が違うといわれるのはどうしてなのでしょうか?

 

簡単にいってしまうと、パワーが違うからなのです。

 

 

どちらも、光やレーザーを皮膚に照射して、そのエネルギーで毛の組織を刺激して脱毛を促すしくみを利用しています。
脱毛のしくみは同じですが、照射パワーに歴然とした違いがあります。

 

 

 

医療レーザー脱毛

エステ脱毛

パワー

強い

弱い

効果

高い=短期間で満足

低い=長期間通うことになる

資格

資格を持った医療従事者による施術

資格がなくても施術できる

トラブル

医師による処置&薬の処方

病院へ行く必要がある

 

 

医療レーザー脱毛

 

クリニックで使用している医療用レーザーは、照射パワーが強力なため、高い脱毛効果が得られます
レーザーでの脱毛は「医療行為」にあたるので、医師などの医療従事者がいる医療機関でしか行うことができません。
万が一トラブルが発生しても、適切な処置を受けることができます。
効果が高い分、痛みを感じやすかったり、1回あたりの費用が高めになっています。

 

 

エステ脱毛

 

エステサロンや脱毛専門サロンで行うことができる光脱毛は、レーザーよりもパワーが弱い光を使用しているため、肌への作用が緩やかで痛みが少ないという特徴があります。
その反面、脱毛効果は低く、長期的に通わないと満足できるまでの効果が得にくいこともあります。

 

 

家庭用の脱毛機器はどうなの?

 

はてな

市販されている家庭用の機器は、光やレーザーのパワーを弱くして誰でも使用できるようにしてあります。
価格もメーカーや機器によって幅広く、2万円台からありますが、その効果は期待できるかは疑問です。
パワーを抑えてあるからといってもトラブルの可能性は否定できませんので、使い方には十分注意が必要です。