ムダ毛はどうしてあるの?なくても大丈夫?

 

かみそり

人間にはおよそ200万本もの毛が生えているといわれています。
そのうち、あまり必要性を感じていない、むしろあると清潔感に欠ける毛を「ムダ毛」と呼んでいます

 

しかし本当にムダ毛に役割はないのでしょうか?

 

 

体毛の役割

 

ムダ毛を含む体毛には、「体温の維持・調整」や「皮膚の保護」、「触覚機能」など、身体を守るためにさまざまな役割があります。

 

体温の維持・調節

寒い時には外気が直接肌に触れるのを防いで体温を保ち、暑い時には発汗をスムーズにして体温が上がるのを防ぐ

皮膚の保護

 

外界からの衝撃や紫外線を直接受けないように肌を守る、肌同士の摩擦を防ぐ

触覚機能

 

毛根周辺の神経にある感覚機能が、何かが身体に触れる前に察知する

 

 

特に、頭髪は外部からの衝撃から頭を守り、まつ毛や眉毛は汗や異物が目に入るのを防いだり、鼻毛はごみやほこりの侵入から守ったりと重要な役割を果たしている毛もあります。
アンダーヘアについては、衝撃から守ったり、細菌の侵入を防ぐという役割のほかに、微かなにおいがフェロモンの役割を持っているとされています。

 

 

役割を奪われた毛

 

もともとすべての毛は意味もなく生えていたわけではありませんでした。
しかし次第に、家を持ち、服を身に付けるようになり、冷暖房が完備され、居住環境がものすごく向上しました。
いまでは、重要な役割を持っている毛以外の「ムダ毛」は、必要性を失ったといわれています

 

ビキニ

レーザー脱毛が行われることが多い、腕や足、わきの下の毛などは服や冷暖房で代用できるようになりましたが、アンダーヘアについては、必要な部分は残しつつ、見た目を美しくするデザインがおすすめです