医療レーザー脱毛の基礎知識

 

医療レーザー脱毛って?

 

マシン

レーザーが脱毛に使われるようになったのは、アザやほくろのレーザー治療を行っていたときに、レーザーを照射した部分の毛が生えてこないことに気付いたのがきっかけでした。
その後、研究が重ねられ、1996年、アメリカの会社によって皮膚にダメージを与えずに毛の生えるもとだけを破壊するレーザー機器が開発されました。

 

毛の黒い色(メラニン色素)にのみ反応するレーザーを毛の生えている皮膚に照射すると、メラニン色素に吸収されたのち、熱エネルギーに変わって毛乳頭や毛母細胞が破壊されます。

 

毛の構造

毛幹

皮膚の表面から出ている部分の毛

毛根

皮膚の中の部分

毛球

毛根の最下部にある球状に膨らんでいる部分

毛乳頭

毛細血管から栄養を取り入れるところ

毛母細胞

毛乳頭からもらった栄養で細胞分裂を繰り返し、毛を成長させるところ

 

 

毛が生えなくなるしくみ

 

毛には「毛周期」という一定の間隔で生え変わるサイクルがあります。
毛母細胞が活発に分裂して毛を成長させる「成長期」、毛が成長をやめて抜け落ちていく「退行期」、毛が抜けて成長を休んでいる「休止期」に分けられ、これを繰り返しています。

 

レーザー脱毛が効果的なのは「成長期」で、他の状態にある毛には効果がありません。
それぞれの毛のサイクルはバラバラなので、1回レーザーを照射したからといってすべての毛に効果が出るわけではないのです。
「退行期」や「休止期」にある毛は「成長期」になってからレーザーをあてる必要があるため、毛周期に合わせた期間をあけて何回かレーザーを照射します。

 

こうして、毛が生えないツルスベのお肌を手に入れることができるのです。

 

 

いくつかのリスクもあります

 

ヒリヒリ・赤み

 

毛穴周辺の皮膚が軽い炎症を起こすとヒリヒリ感を感じたり、赤みを帯びたりします。
これはほとんどの人が感じますが、通常、徐々に収まります。

 

むくみ・腫れ(炎症性浮腫)

毛穴の周りの炎症によるものです。
こちらもほとんどの人にあらわれる症状で、徐々に収まります。

 

毛嚢炎

毛と毛の周辺のやけどのことで、かゆみが出たりしてひっかいてしまうと炎症が起こってしまいます。
医療レーザー脱毛の毛嚢炎の発生確率は低いと言われています。

 

やけど

医療レーザー脱毛でのやけどの確率は非常に低いと言われていますが、可能性として知っておきたいことです。

 

ドクター

これらの症状があられたとしても、医療機関で受けるレーザー脱毛は、医師によるアフターフォローを受けることができます。